Event is FINISHED

こんな場所でイベントが?!「会場探し」はイマジネーションで乗り越えろ!2016年問題到来、 2/25(木) #イベントサロン vol.9 テーマは「会場」

Description

登壇者が出揃いました!
リバーサイドシネマ実行委員会 唐品 知浩 氏
Gifte!(株式会社みらいスクール) 菅野 高広 氏
コンビニダブルキャスト 岸野 雄一 氏
ローカル線プロレス 渋谷 達郎 氏
Code for Japan Summit 2015 運営メンバー 安達 絵美子 氏

イベント主催者最初の悩みは会場です。セミナー、カンファレンス、パーティー etc。 雰囲気が良くて、値段の手頃で、アクセスも良く、参加者同士が打ち解けあうような、、、そんな会場はなかなか見つかりません。

ピーティックスがイベント主催者を対象に実施した調査でも、「一番困っているものは会場」と、約3割が答えます。

音楽などのエンタメ業界も同様です。大型コンサート会場の閉鎖が相次ぐ「2016年問題」は、メジャーアーティストだけの問題ではありません。皆が「いつもより小さい箱を使う」ことによって、インディーズ/アマチュアアーティストが普段利用するライブハウスやクラブも不足する、と言われています。


そこで、今回のEventSalonのテーマは「会場」です。

「まさか、そんな場所でイベントを?!」

と思わずにはいられない、ユニークな場所でイベントを開催する主催者をお呼びし、会場の見つけ方や、イベントの作り方などをお話し頂きます。



◎ゲストスピーカー

『調布のお父さんたちの挑戦!河川敷に一夜限りの映画館。多摩川にかかる鉄橋の橋脚がスクリーンに!?ねぶくろシネマ』
リバーサイドシネマ実行委員会 唐品 知浩 氏
星空の下で子供と気楽に映画が観たい。そんな地元のお父さんたちの想いから始まった一夜限りの映画館、ねぶくろシネマ。あの、京王線の橋脚をスクリーン代わりに野外イベントを開催しています。電車の真下で映画を見たことありますか?河川敷でイベントをしたことありますか?聞いただけで沢山のハードルが想像できちゃうイベント主催者の皆様、だれがどうやって企画したのか、どうやってこの会場を得たのか、どう使ったのか、どんな反響があったのか、気になりますよね!ねぶくろシネマ主催者の一人である唐品さんにお話し頂きます!


『忍者から宇宙開発まで?!本場で本物に触れる!子供にワクワクの学び体験を贈るサービスから、会場づくりを学ぶ』
Gifte!(株式会社みらいスクール) 菅野 高広 氏
宇宙開発の現場から、忍者体験まで、Gifte!は子どもに本物の体験を贈ることが出来ます。沢山の会場でコンテンツが提供されていますがどれも普段は体験できないようなものばかり!どうやってそんなコンテンツもってきたの?というものや、そんなとこ行けたんだ!というようなものも。対象が子供というところも興味がわくポイントです。本場で本物のリアルな体験を大切にしている、代表の菅野さんにお話を伺います!


『街のコンビニの真ん中にある日いきなりDJブース!? 常連さんもご新規さんも誰でもウェルカム、異次元空間を街の中に作り出すコンビニDJとは』
コンビニダブルキャスト 岸野 雄一 氏
誰もが日常で親しむコンビニエンスストア、違うのはその日だけ中心にDJブースが置かれDJが音楽を流していること。ある人は音楽を聴いて楽しみ、ある人はいつものように買い物をして去っていきます。そんな異次元空間のイベントを主催しているのがスタディストとして様々なイベントを主催してきた岸野雄一さん。
2009年には空き屋だった自宅の一階を、押上リキッドルームと名付けアーティストを招きDJイベントを行ってきた岸野さんがなぜ今街のコンビニでイベントを行うのかなどをお聞かせいただきます!


熱い死闘をローカル列車内で! 山形で行われたローカル線プロレスはどうやって生まれたのか
ローカル線プロレス 渋谷 達郎 氏
ローカル線プロレスとは山形ののどかな鉄道フラワー長井線にてお客さんを乗せた運行中の列車内で始まるプロレスです。よく電車でできたね?そんな狭いところでどうやってプロレスしたの?なんでわざわざ電車?などなど聞きたいことは尽きません。ローカル線プロレスを一から作り上げた渋谷さんに当日山形からお越しいただき、実際に聞いてみましょう!


議場でパーティー!?政党控室で子供向けワークショップ!? 取り壊し前の区役所庁舎を、フロア丸ごと市民参加で使い倒す
Code for Japan Summit 2015 運営メンバー 安達 絵美子 氏
公共施設が次々と建て替えの時期を迎えて、建て壊し前にイベントが行われることも珍しくなくなってきています。昨年5月に新庁舎がオープンした豊島区は、建て壊しを迎える旧庁舎を何度か民間に解放してきました。とはいえ、元来、公共施設はとてもルールの多い場所。どんな風にハードルを越え、どんな風に"お役所”は活用されたのか。サミット運営チームのメンバーでもあり、豊島区職員でもある安達さんにお話をお聞きします。


今回のケータラー:


◎開催概要
・日時:2016年2月25日(木)19:30-22:00(開場19:00)
・場所:co-ba(コーバ)(6F co-ba library)
・参加費(ワンドリンク付):前売 2,000円、当日 3,000円
・オススメケータラーフード予約券:前売 1,000円
・定員:40名
・主催:Event Salon実行委員会
・共催:Peatix, co-ba

◎当日の予定スケジュール

19:30-19:35 オープニング〜Event Salonの楽しみ方
19:35-20:50 トークライブ〜ゲストスピーカー5名による連続トークライブをお楽しみ下さい。
20:50-21:50 交流パーティー〜スピーカーを交えて、イベント主催者同士の交流をお楽しみ下さい。
21:50-22:00 クロージング〜Event Salon/ゲストスピーカーから最後に参加者のみなさんへ
※予告なく変更となる場合があります。予めご了承下さい。

◎Event Salonの3つの特長

1.名物イベント主催者が集結します。
 イベントづくりのエッセンスをあらゆるジャンル、角度から【学ぶ】ことができます。
2.定員40名のサロンスタイルのイベントです。
 規模やジャンルを越え、イベント主催者同士の【交流】を楽しめます。
3.オススメケータリングを楽しめます。
 自分イベントにも呼べるイチオシのケータリングユニットを【体感】頂けます。
※要事前申込

※毎回テーマを変えて行う、イベント主催者向けのシリーズイベントです。これまで開催された、「第1回:物語」「第2回:五感」「第3回:参加」「第4回:初体験」「第5回:祭」「第6回:型」「第7回:好き」「第8回:つながり」に参加して頂けない方もお楽しみ頂けます。


◎Event Salonの対象者

規模やジャンルは問いません。勉強会、音楽ライブ、クラブイベント、パーティー、オフ会、Meetup、カンファレンス、シンポジウムetc、今までにイベントを主催したり、スタッフとして手伝ったことがある方、これからイベントを開催してみたい人が対象です。イベントづくり・場づくりの腕を磨きたい/イベントに新しい要素を取り入れたい/他のイベント主催者と交流したい etc... イベントを盛り上げたいと思う方々に、ご参加頂けたら嬉しいです。

※お申し込み確定後のキャンセルは承っておりませんのでご了承ください。
Event Timeline
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff 2016-02-23 08:11:56
More updates
Thu Feb 25, 2016
7:30 PM - 10:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
前売券 ¥2,000
オススメケータラー・フード予約券 ¥1,000
Venue Address
東京都渋谷区渋谷3-26-16 第5叶ビル 6F co-ba library Japan
Directions
渋谷駅・新南口徒歩3分
Organizer
Event Salon(イベントサロン)
964 Followers